スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
開店2日目
怒涛の様なラウンジ麗の開店初日を
無事(?)終えて開店2日目に突入

ホッと一息・・・のつもりが
やはり北京。
北京は私を片時も安心させてくれません

その兆しは、初日終了直後に始まりました
一人の従業員が、無言で荷造り開始
まず一人抜け

そろそろ開店準備の時間、だけど誰も出勤せず
開店30分前、女の子到着するもロッカーへ直行し
荷造り開始・・・・全員抜け

実は大方の予想はしていました

時間の関係上、募集が間に合わず、
彼女達は前のお店から直接引き継いだので
一人が辞めると、後に全員続くだろうなっって

彼女達曰く、「疲れた」
「あんなにがんばったのに労いの一言もない」

うーん、確かに
昨日は言葉を発する時間もなく、フル回転でした
実は今日、開店前のミーティングで色んな話を
じっくりしようって思いましたが、時すでに遅し!!

でも仕方がありません
私は引き止めたりするつもりは
ありませんでした

よし、私達の予想より少し早かったけれど
シャンシャンと二人だ!!
って思っていたら一人の女の子が面接に来ました

北京人で日本語が話せる、よし!!
人不足なので採用決定!!

やりかたを簡単に説明して、
最後に一番重要な一言を彼女に伝えた時でした

私:「絶対にジュースをねだったりしないで下さい。」
彼女:無言・・・・・

その後しばらくして彼女はシャンシャンに訴えました
「私の給料は少ないです。
飲み物をどうして頼んではダメですか?」

シャンシャンが彼女に分かりやすく説明しましたが
彼女は不満顔

私はこういう時、いつもなら発言しないようにしています
日本人が言うより、中国人が指導する方が
従業員も納得するし、素直に受入れると
多くの先輩方からアドバイスをいただいていたからです

でも、この時は私も思わず言ってしまいました
「ジュースをねだったりするのは、お客様に対して
大変失礼であり、論外です。
日本人経営をうたっている以上、
絶対にそんなことさせられない。」

もし、お客様が楽しいと思って下されば
また来店していただけるはずです

北京でラウンジ麗をオープンさせるにあたって
色んな方にご意見を伺いました

多くの方が「ジュース攻撃」というものも存在を
教えてくれました
もちろん私とシャンシャンの信念にも反します

そして昨日、彼女は出勤しませんでした

何組かのお客様にお店を覗いていただいたのですが、
やはりまず最初に質問されるのが女の子の人数
事情を説明すると残念そうにお店を後にされました

確かに痛かったのですが、質の悪いサービスをして
不快な思いをさせてしまうよりも、最初から正直に
現状を説明させていただいて、体制が整った後に
お越しいただく方が私も良いと思っています

まだまだ前途多難のようです




スポンサーサイト
【2008/06/04 10:47】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<二人フル回転の3日目 | ホーム | 開店当日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/87-36e60510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。