スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ありがたいです
地震のその時、私はのんきにも昼寝をしていて
全く知らなかったんです

しばらくして、両親から連絡がありました
前日の母の日に両親と話したばかりだったので
てっきり実家で何かあったかと思い、

「どうしたの?何かあったの?」って尋ねる私に
両親は半ば呆れ気味に
「何かあったってあんた、地震は大丈夫なの?」
・・・・・「えー!?」

その後、約束があったので出かけましたが
色んな噂が出始めていて地震の経験がない
友人などは、かなり怖がっていました

地震を初めて体験したパートナーの彼女からも
連絡があり、20階に住んでいる彼女は、
かなりの揺れにも、飲んだばかりの漢方薬の
影響だと思い、そのまま安静にしていたそうです

「夜半過ぎに北京にも大地震が来る」
という噂は、信じていなかったものの
言われると気になってしまいます

パスポートや貴重品が家にあるなぁ・・・
結局、予定より少々早めに帰宅して
翌朝帰国する韓国人の友人とは、うちで話すことに

テレビの映像では、かなり深刻な被害のようです
両親や友人には大変心配していただきました

当初、普段はめったに鳴らない家の固定電話が鳴り
その場合、ほとんどセールスなので
「ウェーイ、ニーハオ」とぶっきらぼうに出ると
短い沈黙の後、意を決したような
「知美いますか?」という女性の声。

相手の予想外の日本語に戸惑い、
ハっとし、「知美さんのご家族でいらっしゃいますか?」
と尋ねると「そうです」とのこと
ルームメイトのお母さんが
心配で日本からかけてきたのでした

私がこっちに来て以来、中国や北京という文字に
敏感に反応してくれ、親身になってくれる
身内や友人は本当にありがたいです








スポンサーサイト
【2008/05/14 11:38】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ちょっとうらやましいです | ホーム | 北京にハマった面々>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/67-53f24b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。