スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
肌ツルツル
久々にエステをさせて戴きました

そこのお店は個室にバスも着いていたので
久々にお湯にしっかりとかりました

日本にいる時は、長風呂だったのですが、
2年半の中国生活で、すっかりシャワーのみ
の習慣がついてしまって、
最近は、ちょっと温度が高いとのぼせて
お湯につかれなくなってしまいました

でもそこの薬草風呂は、温度ぬるめで
肌にもとても良いとのこと
うっれしぃ~

至福のひと時を過ごさせていただきました

でも、エステが始まる前にちょっとした問題が・・・

個室に案内してくれたのが、感じの良い若い男の店員さん
で、彼が「お湯にどうぞ」って爽やかに言いました
私は彼が出て行くのを待っていたんです
でも彼、ちっともその気配なし

私:「お湯に入るって服を脱ぐんですよね?」
彼:「そうです、その後お湯の中でマッサージをします」
私:「・・・・悪いけど、女性に代わってもらえます?」
彼:「僕のマッサージはとても評判が良いです」

そういう問題じゃないデス
当然ながら、その後女性の方にやっていただきました

彼ら曰く、初めに「女性のマッサージ師で」
という要望がなかったから、との事

「それでは日本人のお客さんは来ませんよ」
っておせっかいにも意見してしまいました

オイルマッサージを受ける欧米人の女性のお客様は
男性のマッサージ師でもOKの場合が多いそうです

文化や習慣の違い、なのでしょうね

何はともあれ、とっても気持ち良かったです







スポンサーサイト
【2008/03/30 14:21】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<市場調査2 | ホーム | 久々の雨>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/35-b66420ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。