スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
色んな再会
ここ最近、以前働いていたホテル時代の夢をよくみます

北京で仕事をするとは夢にも思っていなかったのですが
良くも悪くもすっごく鍛えられた1年で
強烈な経験だったせいか
その当時の同僚などがよく夢に登場します

2日前、携帯に知らない番号から着信があり
ラウンジ麗を始めてからの習慣で
登録していない番号にも
「もしもし」と日本語で出るようにしています

すると、相手は英語
久しぶりの英語だなぁ~と思っていたら
何やら聞き覚えのある声
以前のフロントマネージャーです
「How Are You~?」とレバッこい英語は健在でした・・・

トラウマとは恐ろしいもので
既に初冬を迎えつつある北京ですが
彼と分かった途端に背中に汗をかきました

実は私、この上司が大の苦手で
勤務時代は常に出会わない様に心がけておりました

英語の苦手な私はすぐに中国語に切り替えたのは
言うまでもありません

すると彼は「君はラウンジ麗というお店を開いているの?」
ある日本人のお客様が私のことを聞いてきたらしいのです

確かに、ラウンジ麗をやろうと決めてからの私は
他のスタッフが日本語が分からないのを良いことに
ホテルが推薦するセールスは一切無視して
日本人のお客様に対して挨拶という名目で
積極的にお店の宣伝をしておりました

その上司からの質問を適当にかわして
無事電話を切りホっとしました

そして昨日、地下鉄駅を1人歩いていると
正面から満面の笑みを浮かべた綺麗な女性が駆け寄ってきます
すぐに以前の同僚だと分かり私達は抱き合いました

入社当初、私は海外で仕事をするのは初めてで
しかも周りは全て中国人スタッフという環境に
最初は本当に馴染めませんでした

当時、最初に優しい言葉で接してくれたのが彼女でした
その時は本当にうれしくて
大人になって誰かに温かい言葉をかけられて
泣きそうになるとは思いませんでした

その後、仕事にも慣れて私が他の同僚とも仲良くなった頃
ある日突然、彼女はホテルから、北京から姿を消しました

その事は今でもフロント部の語り草となり
当時の中国人スタッフ全員の逆鱗に触れていましたが
私にとっては一番辛い時に手を差し伸べてくれた
彼女にはその後も感謝の気持ちで一杯でした

あまり話す時間もなかったけれど
お互いの近況などを簡単に話し
近いうちにゆっくり会うことを約束し別れました

最近ホテル時代の夢を頻繁にみるなーと思っていたら
ホテル勤務時代の最も会いたい人&会いたくない人に
再会する予知夢だったのかもしれませんね









スポンサーサイト
【2008/10/14 17:09】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<羊肉串 | ホーム | いつものように>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/158-4e90bc05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。