スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
またしても北京パラリンピックネタ
北京パラリンピックが始ってから多くの友人から
日本の車椅子テニス界に国枝慎吾選手という
スゴイ人がいると聞いていました

アテネ大会のダブルスの金メダリストで、昨年のグランドスラムを
達成したものスゴイ人だそうです

ということで早速、北京パラリンピック
車椅子テニスの観戦に行きました

午後1時からの国枝選手が出場する
男子シングルス準決勝が私の中のメインです

初めてテニス会場に行くので、簡単に調べて
北京オリンピックテニスセンターは

地下鉄10号線「北土城」下車
鳥の巣などのメインスタジアムにつながる8号線に乗り換え
「奥林匹克中心(オリンピックセンター)」下車が便利とのこと

初めて行くので念の為に早めに出ました
これが正解でした

地下鉄を降りるまでは問題なかったのですが
そこから「網球(テニス)」と書かれてある標識に
沿っていきました

途中、本当にあるのか?と疑問に思い
係りの人に聞くと、一旦スタジアムを出て
オリンピック線のバスに乗り換えて行くのだそうです

オリンピック線は観戦以外の人の乗車も可能で
一度では乗り切れないほどのまさにすし詰め状態・・・

そこから結構な距離と時間をかけてやっと
終点の会場に到着しました

検査をパスして会場に入れたのは
試合開始直前の1時ギリギリでした

会場はほぼ満員
北京パラリンピックは座席の指定が基本的にないので
1階席はすでに満員
2階の空いている席を見つけてホっと一息

しかし!!
対戦相手を見るとオランダvsオランダ??
確か、国枝選手の試合は1時からだったような・・・??

そう思いながらも試合開始
ファイナルセット、タイブレークの大接戦です

試合終了後、次の試合こそ!と思っていると
女子シングルス決勝が・・・

その時初めて、センターコート以外にも
会場があるのでは・・・と気づきました

友人にパソコンで国枝選手の試合結果を調べてもらうと・・・
案の定、試合は既に勝利し終了・・・

私ときたら国枝選手が試合をしている間
決勝で対戦するライバルの試合を真剣に観戦していたのです

国枝選手に「相手はフォアが弱いですよ」と
アドバイスさせていただきたいほど
真剣に見てしまいました

その後、午後5時から男子ダブルスの準決勝に
日本の国枝/斉田ペアが登場すると知りました

その日、参加予定だった大学の集まりを
先ほどの友人に電話して、引き続き観戦したい旨を伝えると

「それは日本を応援した方が良い。
ぜひ自分の分まで応援して」と
力強い答えをいただき、お言葉に甘えてキャンセル
ゴメンナサイ・・・

スエーデンペアとの対戦は
第1ゲームタイブレークの6-7で先取され
第2ゲームを取り返し、ファイナルゲームへ

この日2試合目の国枝選手は終盤疲れているようでした
特に車椅子を操作する腕に違和感があるようで
途中治療も入り、結局2-6で敗れてしまいました

結果は残念ながら敗れてしまいましたが
初めて観た車椅子テニスはスゴイ迫力で
観戦スポーツとしてもすごく興奮します、オモシロイです

国枝選手の打つストロークは
ド素人の私が見ても分かるほどレベルが高く
また車椅子の操作も他とは比べ物になりません

試合以外で思ったことは・・・・・
北京オリンピック&パラリンピックでも
話題にのぼっていましたが
昨日の中国人観戦客の応援は・・・・

スエーデンに親戚でもいるのか?
その昔スエーデン人に世話になったことがあるのか?
というほどの応援でした

ハッキリ言ってしまうと、日本を応援したくないのでしょう
昨日は若い人が多かったのですが
会場のあちこちでアウェイ的な会話が聞こえてきました

悲しいかな、勝っている時は全く気になりませんが
昨日は負けてしまったので余計気になったのでしょう
応援も心に余裕が必要ですね

今日のダブルス三位決定戦、明日のシングルス決勝は
疲労困憊でかなりハードな試合になるかもしれませんが

国枝、斉田両選手にそんな逆風を吹き飛ばしてほしいなーと
身勝手ながら願っております













スポンサーサイト
【2008/09/14 11:50】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<一番スゴイ人 | ホーム | かけがえのないひと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/139-241391e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。