スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本の携帯は難しい
北京から日本に帰って早数日

ラウンジ麗をやっていた時を思えば
恐ろしいほどのどかな時間を
故郷福岡で過しています

北京に行った当初は、まさか自分がここまで長く
北京にいようとは夢にも思わなかったので
日本の携帯を解約しなかったのですが
ラウンジ麗をやると決めたあたりで解約してしまいました

そこで今回、父の携帯電話を使用させてもらっています
うちの両親もまた超アナログ人間

父の携帯に電話してつながった試しは無いです
というより部屋の片隅に置きっぱなし&充電しっぱなし
忘れ去られた固定電話のごとしです

でも流行モノ好きで、他人が持っているのに
「持っていない」ということが許せないらしく
毎月基本料金を払い続けています

一次帰国の私にとっては大助かりです

しかし、私も北京に行ってもうすぐ3年
日本の携帯システムをすっかり忘れていました

中国では、携帯番号と携帯のメールアドレスは基本的に同じなので
すっかりそのつもりで日本の友人に対応していました

日本の友人から携帯にメールが来ても
携帯の番号が分からない
しかも、携帯メールの打ち方を完全に忘れていて
すっごく遅い

これにはショックでした
返信の文を作るのに時間がかかるので
再度友人から「届いた?」と
確認メールでせかされる始末・・・・
日本のスピーディーな生活に戸惑いを覚える瞬間です

昔、親戚のおじさんが嘆いていた様に
メールとは、来たメールに返信するのみ
おじさん、その気持ち、今すごく分かります

以前の様に親指一本で自由自在にメールができる頃には
おそらく北京に戻る準備をしていることでしょう






スポンサーサイト
【2008/07/23 11:12】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<寝不足気味です | ホーム | ナイスチームワーク>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loungeray.blog15.fc2.com/tb.php/114-7337fd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。