スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
青島視察旅行~最後の晩餐編~
前日に会った、中国人との約束が午後6時

その人を紹介してくれた韓国人の方と
まず5時にジャスコで待ち合わせ

午後4時の時点で、韓国人から
今日予定通り来れるか確認の電話が

こういうところは日本人と韓国人は
似ているなと思います

韓国人にしたら、自分の兄貴分の手前
私に予定変更がないかどうかしっかりと確認を入れる

私は私で、先方よりも早めに到着するのが当然で
もし変更があれば午前中の時点で連絡を入れたでしょう

正直に言うと、「断ろうかなぁ~」とほんのちょっと思いましたが
約束は約束です
そういうところは妙に九州男児(?)な私です

じばらく待つと、見覚えのある車でその人が登場
車で移動すること15分くらい

全く知らない道を走っている時、一瞬だけ
このままどっかに連れて行かれたらどうしよう
という考えが浮かびましたが間もなくレストランに到着

そこは青島市内でも人気の東北料理のレストランだそうで
私達が店内に入った時はすでに満員でした

東北地方出身のその人の手前
「好きです」と言ってしまいましたが
実は私、中華料理の中で東北料理は一番苦手
でもそこの料理は本当に美味しかったです

その人はものすごい量をオーダーしています
私が選んだ白菜と小海老の炒め物も
彼が大海老にチェンジさせ
さらに高額なナマコや魚料理も注文

きっとご馳走すると言った面子なのでしょう
その時点で太る覚悟を決めました

私達は青島ビール
お酒を飲まないその人は豆乳にを注文

中国人がお酒を進めるように豆乳をガンガン勧めてきます
こんなに豆乳を飲むことはきっと今後の人生でないであろうと
いうくらいいただきました

これがもしお酒だったらきっと飛行機に乗れなかったでしょう
その人がお酒が飲めないことに心から感謝しつつ

その後しばらく世間話などをし、ほどなく食事も終了
お腹がはちきれそうでしたがタクシーで飛行場へ

10時のフライトなので十分間に合いましたが
もう満腹で苦しくて苦しくて

北京行きの最終便はほぼ100%中国人でした
日本人はおそらく一人もいなかったでしょう
それもそのはず、私が北京の自宅に到着したのは
夜中12時半過ぎ

北京に着いた途端、寒さ&乾燥に身体がシビれました
もう北京はすっかり冬に変わりつつあるようです

こうして長かった様であっという間の
思いがけず色々な出会いや収穫があった
青島視察旅行は幕を閉じたのでした









スポンサーサイト
【2008/11/05 00:09】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行最後日~一人ブラブラ編~
北京から青島へ来て5日目

最終日のその日、夕方5時の待ち合わせまで
時間を潰すことに

12時にチェックアウトして荷物を預けてから
まず昼食を食べにホテルの周辺を散策

ホテルから歩いてすぐのところに
北京でいえば「王府近」みたいな感じで
デパートや食品、レストランなどかなり活気があります

テキトーな気持ちでテキトーな所に入ったわりには
ワンタンがすごく美味しく、しかも4元でした安い!!

まだまだ約束の5時まで時間があるので
とりあえず荷物を持って、「五四広場」というところへ

目的はズバリ海を見るため!!
海辺で育った私は、幼い頃から海を見ると
とても落ち着きます

大学進学とともに岐阜に行って
海はなかったけれど、近くに長良川、木曽川、揖斐川など
大きな河川がありそれ以降、河も大好きになりました

私はどうやら水辺が落ち着くようですね
といってだから水商売ってわけではないと思うんですが

北京に来てから海を見る機会がすっかり減り
残念に思っていました

五四広場は北京オリンピックのボート競技の会場にほど近く
お天気も良かったので大勢の人が訪れていました

穏やかな気分で海を眺めて深呼吸していると
やはりやって来ました
「記念写真撮らない?15分以内でできあがるよ」
観光地では避けて通れない、売り子登場です
青島は北京に比べて多い気がしました

確かに私は大きなバックを持っていたために
旅行者ってすぐに分かるかとは思いますが
せっかくの良い気分が・・・・・

オリンピック会場も魅力的でしたが
見学通路にびっしりと露店の売り子(違法でしょう)がいて
気持ちも萎えたのでちょっと早めに退散しました

そこから徒歩5分ほどでジャスコです
今回の青島滞在ではジャスコに大変お世話になりました
中心部の便利な場所にあるので待ち合わせ指定が
ジャスコもしくはマイカル(なつかしー!!)でした

日本製品が豊富にあるというのは北京でも
今やほとんど手に入るので(割高ですが)

私が一番気に入ったのは、お手洗いに隣接して
化粧室があることこれはポイント高し!!
と言っても日本のレベルを期待してはダメなんですけれどね
手洗いのみがほとんどの中国で
さすがジャスコォ~と感動しました

大きな鏡があって、荷物も濡れる心配なく置けて
手を洗う人の水しぶきも気にせず
早くしろって割り込みも気にせず
ゆっくり化粧直しができるってこんなにうれしいことだったとは!!
北京在住3年、忘れかけていた日本の素晴らしい配慮

ジャスコ同様に滞在中、何度も時間を潰したジャスコ1階の
マクドナルドで今夜の夕食はどうなることやら・・・・・
と考えながら待ち合わせの時間までしばし休憩しました


                                 つづく







【2008/11/04 10:57】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行~危険な出合い編~
北京から青島へきて4日目の夜

人生初体験の韓式クラブでの時間も
そろそろ終わりに近づいた頃、

韓国人の一人が
「ちょっと別室に行ってもらえますか?」
と流暢な日本語で私に言いました

言われた通り、盛り上がっている部屋を出て
奥の別の部屋に案内されました

その部屋は電気がついてなかったせいもあり
暗くて少々ビクビクでしたが
目が慣れて来ると、一人の男性が座っているのが分かりました

韓国人がその人に私の今回の青島へ来た目的を
説明し、続いて私も簡単な自己紹介

聞けば、その男性は青島繁華街の顔役、とのこと
ちょうどその韓国人がその人と親しいので
紹介してくれたというわけです

一見、普通の中国人ですが手元に輝く指輪や時計は
秀水街(北京で有名なコピー商品を売っている巨大マーケット)
では売っていない本物の輝きでした

「何でも質問して下さい」とおっしゃったので
「ヤ〇ザにヤクザのこと聞いて良いものか?」
などと迷いましたが
ド素人の私に本気に怒りはしないだろうということで
バシバシと質問させていただきました

その後、その人の提案で
部屋でまだ盛り上がっていた他のメンバーも一緒に
お粥を食べに行くことに

その人は以前、毎晩白酒をあおっていたのがたたり
ドクターストップがかかり今ではもっぱら水のみ
煙草も最近、子供が生まれたために禁煙をスタート
何て健康的なのでしょうか

ほぼ毎日通っているという24時間営業のお粥屋さんに
その人の高級そうな車でみんなで移動し
軽く食事をしてもうそろそろ終了という時に

私が翌日の夜の便で北京に帰ると言うと
「では明日の夕方、東北料理をご馳走します
またこのメンバーで行きましょう
という話になってしまいました

その後、ご丁寧に全員からホテルまで送り届けてもらい
超デープな青島4日目最終日の長い夜は終了したのでした


【2008/11/03 12:46】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行~韓式クラブ初体験編~
北京から青島に来て4日目
今日は私とシャンシャンは別行動

彼女からまた一緒に黄島へ行かないかと誘われましたが
私はもう少し青島市内の繁華街を見てみたい
という気持ちが強かったのと
彼女も久しぶりに身内に会ってのんびりしたいだろうと思い
私一人市内に残ることに

昼食を一緒にとった後
シャンシャンは船で黄島へ
私は日本人の方にアポが取れて出かけることに

その方は初日に会っていただいた方で
その日は友人3人を連れて来るとのこと

朝鮮族→中国語、韓国語OK、でも日本語はほぼ×
韓国人→一人は中国語、日本語もOK
もう一人の韓国人は日本語は超ハイレベル、でも中国語は全く×
というややこしい状況でしたが

青島で一番美味しいという韓国式焼肉を堪能した後
(本当に美味しかったです
私が青島に来た目的をみんな知っているので
どこかに飲みに行こうということに

やはりボトルが入っているお店が良いということで
韓国人ご用達のクラブに行こう!ということになりました

中国在住の方はご存知と思いますが
日本のクラブとこちらのクラブやカラオケは少々異なります

私は女性では、こちらのスナックには
行ったことがある方だとは思います
が、しかしクラブ特に韓国式は未知の世界です

「女性の私がいると楽しめないと思いますので
皆さんだけで行って下さい」
と、建て前半分、本音半分、いや正直申しますと
建て前7割本音3割で2~3回丁重にお断りしました

でも男性陣が「没問題(問題ないよ)」とおっしゃったので
それでは・・・・・
やった~初クラブ訪問です!!

そのクラブは今回青島に来て見た日式のお店に比べると
内装も豪華で、ママさんやボーイさんも
「アンニョハセヨ~」の挨拶で出迎えてくれます

4人にも関わらず、おそらく10人使用の大部屋に案内され
ママさんが「女の子入りまーすぅ」と言うと同時に
30~40人くらいの女の子が部屋に入って来ました

「これが噂に聞いていた指名かぁ
と私はどんな女の子が選ばれるのか気になって
完全に学習モード

しかしなかなか男性陣はなかなか選びません
・・・・・「あ!そうか私がいるからか!」
と思い「ちょっと電話してきまーす」とわざとらしく一旦退席
いくら社会勉強と言えども集中し過ぎで
空気が読めないのではいけません反省・・・

5分後、部屋に戻るともうみんな指名完了
続いて韓国人が好む爆弾酒の準備
これも噂には聞いていましたが初めて見ました

まず人数分のビールグラスを横一列に並べビールを注ぎます
その次にそのビールグラスの上にショットグラスを置き、ウィスキーを注ぎます
部屋の電気を消し、ウィスキーに火を灯し
机を強く叩くと次々に隣のグラスに
炎が点火し実に綺麗です
さらにもう一度強く机をたたくと、上のショットグラスが
下のビールグラスに綺麗に入り、爆弾酒の完成です
「ブラボー!!」
って関心している場合ではありません

作ったからには飲まなければなりません
逆に言えば飲む為に作ったのでしょう

私は体調が完全でないこともあり一口だけで
どうにか許してもらいましたが
ハッキリ言って飲みやすくって
調子に乗ったらグイグイいきそうな感じでした

そこ常連の韓国人の方がおっしゃるには
このクラブはボーイさんが全てのサービスをし
女の子は基本的に何もやりません
と私におっしゃいました

しばらくするとその意味がすぐに分かりました
まずお酒を作る、煙草に火をつける、おしぼりを準備する
などは全くタッチしません

それどころかグラスが空いて時間も随分経つので
私が水割りを作り始めても
「冷たいから気をつけてね」とアドバイスされてしまいました

中国在住の方ならばお分かりと思いますが
形容するならばまさに動物園状態

日本の方、女性の方に形容するならば
「コンパでムカつく女」といったところでしょうか

つまんなそうな顔をする、あくびをする、なんて良いほう
お客さんが「一緒に飲も~う」とグラスを差し出しても
「いらない、私眠いから」
お客さんを無視して携帯でメールはするは
ソファーにダラーと横になるわ・・・もう無法地帯です

これで指名した女の子にチップを払わなければいけない
男性陣に心から同情しました

私は北京をはじめ他の都市でも
クラブに行ったことがありません
が、しかしここまでヒドくないのでは?
と思いながらもひたすら観察を続けました


                                つづく

























    


【2008/11/03 01:52】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行~ちょっと観光編~
青島に来て3日目の夜
連日、真夜中まで動き回っていましたが
初めてその日のうちにホテルに到着

私がホテルに戻るとシャンシャンはまだ戻っておらず
「ホテルそばでマッサージをしている」とのこと

貧乏性の私はせっかくまだ時間があるのだから
何もしないのはもったいない!!
ということで1人で再度外出することに

青島の日式クラブや日本料理店が固まっているのは
香港中路というところです
ジャスコ進出以来、急激に栄えたそうです

香港中路が外国人の街ならば
私達のホテルがあるのは中国人がたくさん集まる場所で
「青島ビール街」から歩いて5分くらいのところです

連日、香港中路を中心に行動していたので初めてゆっくりと
ホテル周辺を散策することに

招羮魍ケ1

旅行大好きな私ですが、観光地やオシャレなスポットよりも
地元の人が集まる市場やレストランが大好きです

招羮魍ケ8
招羮魍ケ5

これは数字の九をかたどったオブジェ
その向こうの建物がバーになっています
写真では分かりにくいですが、一つ一つが青島ビールの
空き瓶で作られています

「この九の何の意味だろう?」とたむろしていたオジサン達に聞くと
説明を読めと冷たく言われましたが
日本語でも説明書を読まない私は、しつこく聞くと

ビール(pi2 jiu3)の酒(jiu3)と九(jiu3)の発音が同じだからだそうです
なるほどぉ~
「そんなに興味あるなら飲んでいけ」というおじさんの勧誘を
断りさらに進んでいきます

招羮魍ケ3
招羮魍ケ4

青島ビール祭りの時期はとっくに終了していますが
北京よりもまだ温かいので
多くの人が屋台でビールを片手に海鮮や串を食べていました

もしも初日の白酒さえ飲まなければ私も・・・
とこの時ほど思ったことはありません

1人散策を十分に堪能した私はホテルへ
私と同様にフェイスパックですっかりツルツルになった
シャンシャンも満足そうでした

今回の青島旅行でほぼ唯一の観光でした





【2008/11/01 22:15】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行 3日目~望郷編~
青島に行くのを決めてから気づいたこと
全く知り合いがいない・・・・・

初めてで土地勘もなく右も左も分かりません
そこからもう色んな人や情報収集でツテを作りました

3日目は青島で起業されている方と会えることに
その方を紹介していただいた友人曰く
「かなりのイケメン」とのこと
少々お疲れ気味だったシャンシャンも迷わず参加です(笑)

実際に会ってみると、イケメンうんぬんよりも
私の弟にソックリ!!
弟に会ったこともあるシャンシャンも驚くほどです
逆に親近感が湧き、大変有意義な情報もいただきました

関西の方で話上手で楽しく貴重な時間でしたが
シャンシャンにはオール関西弁を聞き取るのは
少々疲れたようで
次の約束は私だけが行くことに

前日、見に行ったお店で偶然知り合った福岡の方が
仕事の関係者との食事に誘っていただいたのです

タクシーで山道を行くこと30分
少々心細かったですが無事に到着です

青島駅近くのレストランで
個室にはすでにその方と秘書
仕事の中国人パートナーとその奥様と娘さんが
待っていてくれました

中国人4人と日本人2人の会食です
余談ですが中国人パートナーの奥様と娘さんはすごく美人でした

まだ胃の調子が本調子ではない私は
お酒の勧めをノラリクラリと交わし
人間痛い目に遭えば少しは学習するようです

その後、そのパートナーの方の車にみんなで乗り込み
私のホテルまで送っていただきました

前日に出会った方は翌日に日本に帰るとのことで
最後までハッキリとした身元は教えていただけませんでしたが

最後に福岡弁で
「がんばりよ!!もし縁があればまたどっかでね!!」
とおっしゃり中国人ファミリーの車で去っていかれました

弟にそっくりな方と知り合い、福岡人の方と食事
青島の雰囲気が地元と似ていることもてつだって
とっても気分良く終了した3日目でした











【2008/11/01 21:39】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行~お店巡り編~
前日の琥珀色の白酒「熊胆酒」がメガヒットし
お昼過ぎても起き上がれず

その日は夕方に人と会う約束があったので
かなり気合いを入れてやっと準備

ちなみに私達が宿泊したホテルは1日1室95元の
超リーズナブルホテル
シャワー付、インタネット無料、清潔であるという条件で
シャンシャンがネット予約しました

以前は中国式サウナだった為に
中国在住の方なら想像していただけると思いますが
外観は宮殿の様なデザインで金の象の像まであります

まあ女二人旅には十分満足です

その日に会ったのは、以前青島の日式クラブの
チーママをしていたという女性と不動産関係の方
彼女から現在青島で流行っているお店や
青島の繁華街の特徴などを詳しく教えてもらいました

その後、お店を2件見に行くことに
時間の関係でシャンシャンとはまた別行動

私が見に行ったお店で偶然に日本人の方と知り合いになり
日本人女性が北京から青島までお店をするために
見に来たということに大変驚いていらっしゃいました

さらにその方の話し方ですぐに同郷福岡県人だと分かり
その後そのお店でかなり色々な情報を教えていただきました

その後、シャンシャンも合流ししばらくそこで過ごし
その夜、さらにもう一つ見に行きその日は終了

ちなみに私は前日の白酒のせいで、全く食欲もわかず
噂に聞きし恐るべし白酒の威力です

胃のムカつきが全く取れないまま2日目終了です






【2008/11/01 21:04】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
青島視察旅行 ~悪酔い編~
北京から青島まで1時間ちょっと
あっという間のフライトです

私達は青島の市内に直接行かずに
空港から1時間くらいの「黄島」という所に直接行きました

目的はシャンシャンのお父さんに会うためです
彼女のお父さんは黄島でレストランを経営しています

バスを乗り継ぎやっと到着
お昼過ぎだった為、お客さんはほとんどいませんでした

フロアの奥の休憩室に直接行くと
簡易ベッドに座ってタバコをふかしている人影がありました

薄暗くて、てっきりお父さんだと思い込んでいた私は
「初めまして、お父さん」と挨拶すると
慌てたシャンシャンは「違う、お婆ちゃん
と慌てて訂正してくれました

運良く(?)お婆ちゃんは耳が少し遠かったようで
私は何事もなかったように再度挨拶させていただきました

まさか、中国のお婆ちゃんがタバコを嗜むとは思わず
言い訳ですがちょっと女性っぽいなぁとは思っていました
なかなかハイカラなお婆ちゃんで
金のピアスやブレスレッドを身に着けてオシャレでした

そこはお父さんが経営するレストランではなく
親戚が営んでいる東北料理のお店でした

その後、お婆ちゃんを含む親戚一同で
いよいよお父さんのお店へ
車で5分くらいの海辺の海鮮レストランでした

念願のシャンシャンのお父さんの登場です
貫禄&迫力満点の俳優の唐十郎のような方でした

その後、親戚の方が自ら腕を振るってご馳走してくれました
それがこちらです

美食
今亙

久しぶりの海鮮です!!
もう私達は夢中で食べました!!
しかし、親戚の方々はすでに食べ飽きていて
犬でさえもう海鮮には見向きもしないとのこと

当初シャンシャンの親戚の方々は
おそらく私が初対面でしかも外国人ということもあり
なかなか打ち解けることができませんでした

そこで私が目を付けたのが
おじさんが1人ゴクゴクと飲んでいた「熊胆酒」という
琥珀色をした東北地方の白酒

それがこの後、かなり後悔する事になるとも知らず
私は自ら「おじさん、私も一口飲んでみたいのですが」
と申し出ると・・・・・

そこからはもうおじさんを皮切りに一揆に友好的なムードに
それまで私とかなり距離を置いていた従弟のカノジョまで
「お姉さん、一緒に飲みましょう」と乾杯

楽しい時間はあっという間に過ぎ
私達は青島市内へ

そうです今回の目的は視察!!・・・時々旅行です
夜には友人を介して紹介してもらった人と会い、
その後、青島繁華街で売りに出しているお店を見に行かなければ

大急ぎで船に乗り市内へ
そこからは時間も押していたので別行動

私は約束の場所へ直行
シャンシャンはホテルへ先にチェックイン
その後、見に行くお店で落ち合うことに

地元の日本人の方と友人の青島生まれの中国人に
会うために目的地に急ぎました
完全に酔っ払っていましたが、初対面で醜態を見せられないと
気合いで乗り切りました

その後、お店を見に行き、シャンシャンと合流
日本語の流暢なママさんとしばらく話し込みお店を後にしました

全てが終わって、二人でタクシーに乗った瞬間に
急に気が抜けたせいか頭痛&寒気が開始
そうです、昼間調子に乗って飲んだ白酒の影響です

その後、部屋に入ってベッドに倒れるように横になり
翌日の昼過ぎまで起き上がることはありませんでした

自業自得です

【2008/11/01 14:22】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
青島視察旅行~出発編~
青島出発の朝、4時45分に携帯が鳴りました

「シャンシャンが急遽行けなくなったのだなー」と
寝ぼけながらも電話に出ると
案の定、彼女から

「起きてるぅ~?私もう空港に着いたよ」
・・・・・
ってフライト時間の4時間前
というよりまだ空港自体がオープンしてないのでは!?

北京オリンピック終了後
北京の車のナンバー規制は緩和されたのですが
ナンバーによって一週間に1度だけ運転できない日があり
彼女はちょうど月曜日
ということで公安の皆様がまだお仕事をされていない
時間に出発した、ということでした

今日に限ってこんなに早く彼女が到着し
私は、私達が出会って以来初めて
約束の時間に遅れました

私達のフライトは朝8時50分発
国内線なので1時間前に到着すれば良いのですが
遅刻の常習犯の彼女の為に
少し早めの7時半集合にしていました

7時50分に私が到着すると
待ちかまえていたシャンシャンの
「やっぱり4時半頃に迎えに行けば良かったね」
とキラキラの笑顔が眩しかったです

本当に迎えに来なくて良かったと思いました

そんなドタバタな出発で初めての青島に出発しました

                              つづく












【2008/11/01 13:23】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。