スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
当たりの大家さん
いつもの買い物帰りに大家さん夫婦と遭遇しました

思えば3年前に初めて北京に来た時、
当初半年だけの語学留学の予定だったので
日本人の少ないところにしようと気合いを入れて

北京市の西の外れの全生徒20人の
寮がない学校を選んだ時から今まで
すでに5~6回引越しをしています

北京での最初の大家さん、というか仲介業者には
色んな意味で私をたくましくしていただきました

日本から北京に着いた翌日から
部屋を探し始めた当初の私は
彼らから見たらきっと
カモが来た!!というくらい

不安な面持ちで彼らにきちんと挨拶したものです
そんな私は今はもういませんが・・・・・

そんな彼らに鍛えられ、引越し関係には
すっかり慣れた私ですが
最も重視するのは、大家さんです

今の家を決めたのも、大家さんのきちんと整髪された髪や
服装、雰囲気で決めました

何でも月の大部分は海外に行っていて
北京に戻って来た時はかなり自由な時間があるようで

何時に家に来る、と約束していても
大体30分前にはアパートの下に到着していて
「自分は時間があるから早く来ただけだから
気にしないで準備できたら電話して下さい」
という調子です

奥さんもかなり面倒見の良い方でナイスな夫婦です

そんな彼らに久しぶりに逢って立ち話
何でも息子さんが大学に合格したので
来月から息子さんの大学がある地方に引っ越すとのこと

旦那さんも一旦引越しして奥さんと子供の生活が
安定するのを待ってまた出国する予定だとか

一体、何の仕事をしているのか
かなり余裕と時間がないとできないのでは?

と思いながらも、きっと中国には
こういった裕福層はまだまだ増えるんだろうなー
とニコやかに挨拶をして帰っていく
上品な夫婦を見送ったのでした


スポンサーサイト
【2008/08/30 13:14】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
疑問解決
北京オリンピックあたりから、街でよく見かける
白地に赤で「燕京ビール」と書かれたポロシャツを
着ている年配の方々は何なんだろう?
とずっと軽く疑問に思っていました

しかし、わざわざ人に尋ねるほどの
事ではないので、ずっと自分の中の??に
留めていました

先日、シャンシャンと一緒にいる時に
何気に彼女の母親が北京オリンピックの
ボランティアを始めたと口にしました

聞けば、あの燕京ビールのポロシャツを
着ているというではありませんか

私はすかさず「あの人達は一体何をしているのか?」
と聞くと、北京オリンピック期間中
イカガワしい行動をしている人がいないか
見張っているとのこと

道理で、私が8月8日に日本から北京に戻って来た時
アパートの下でタクシーを降りたら
例の方々から「あの子、日本人だよ、今帰って来たね」
とポロシャツおばあちゃん達から噂されました

さらに部屋に一旦荷物を置いて、入国した証明の為
地区を管轄する公安局に再登録に出かけた際にも

「日本人が出かけるよ」
と言っていたのを思い出しました

その時は噂好きな北京人にはすっかり慣れているので
特に悪い気もせず、みんなで記念におそろいで買ったのかなぁ~
くらいに思っていました

疑問が解決したのはすっごくうれしいのですが
あのおばあちゃんやおじいちゃん達を見ていると
いつもの日向ぼっこをしながらおしゃべりを楽しむ
延長でおそろいの服を着ている感じです

ゴルゴ13好きの私は見張り=KGBやスパイを
連想してしまいますがそれとは全く違います

実際、北京オリンピックが始まって最初は
張り切っていた感がありますが
私が何度も出かけるうちに
反応も薄くなり、今では私を見かけても
自分達のおしゃべりに興じて全く反応なし
すっかり飽きられたようです

全くのんびりとした微笑ましい光景です


【2008/08/29 11:30】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
昨日の経験を生かして
昨日に引き続き、北京パラリンピックの
チケット購入の為に朝イチで中国銀行へ

到着すると9時5分前
並んでいるのはわずか4人
その内チケット購入者は1人
ということは、2番目です

パラリンピックのチケット専用窓口は
2つなのでこれは1番手と同じ
並ばなくても良いというストレスから開放され
昨日のトラウマも消えました

なぜ二日に分けて買いに行ったかというと
1人が1度に買えるのが、1競技につき2日分までなのです

シッティングバレーボールは予選が3試合あります
昨日はとりあえず予選の2試合を購入
でもせっかくなので予選の残り1試合も応援に行きたい!!

で今日は昨日買えなかった予選1試合をまず購入
でもあと1日分は買おうと思えば買える訳です

そうなるとしばしば考えます
「どうしよう、予選が何位通過なのか分からない」

スケジュールを見ると、予選リーグの翌日から
順位決定戦が行われて
その後準決勝、決勝と組まれています

しかも予選のチケットは朝から終日までの
フリーチケットなのに対し、準決勝からは
準決勝第1試合、準決勝第2試合と別売り
敵もなかなか考えています

迷ったあげく予選リーグを1位通過することを
期待して準決勝の第一試合のチケットを選択

予選リーグを120%全力で応援させていただきます

ちなみに鳥の巣、ウォーターキューブで行われる
陸上競技や水泳関係のチケットは早い時点で
完売だそうです

これを機会に応援+オリンピックスタジアム観光目的で
非常に人気があるのだと昨日チケットを買いに来ていた
中国人や銀行員さんが言っていました

なるほど








【2008/08/27 10:52】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
どうにかゲットできました
パラリンピックのチケットを買いに出かけました

3年前に、最初に北京に短期留学した時に
同級生だった友人がバレーボールに
選手として参加するらしいのです

北京オリンピック&パラリンピックが終わるまでは
ラウンジ麗の件はどうにもならないと思うので
本来なら8月いっぱいくらいは
日本にいるはずだったのですが

北京オリンピック&パラリンピック共に
知人が参加するのに
応援に行かないわけにはいきません

パラリンピックのチケットはオリンピックと違って
直接会場で買えるものだと
勝手に思い込んでいましたが

友人の情報では、かなりの売れ行きで
当日の会場販売もあるらしいのですが
残っているかは分からない、とのこと

さっそく今朝から中国銀行へ
北京オリンピックのチケットを販売していたのと
同じ支店かと思いきや、パラリンピックは別の支店での
販売らしく、また逆方向に歩くことしばし・・・
この時点でかなり疲れました

到着してみると、かなりの数の人が順番待ちしてました
私の前にも約40人・・・・・
係りの行員さん曰く30分以内には掃けるとのこと

しかし・・・・・待ちました3時間!!
多くの人と同じ様に途中、何度も後日出直そうと
思いましたが、結局は明日来ても
状況は変わらないだろうと辛抱しました

どうしてこんなに遅いのか?
行員さんの作業に問題があるのか?
何せ待っている時間はヒマなので観察しました

一番の問題は、多くの人が窓口に行ってから
買う競技を決めている、というか空いている競技を
行員さんに調べさせて空いていたら買うという感じで
なので一人に費やす時間が長い長い

さらにこれは私が北京で就職した時にも感じた事ですが
担当以外の人は、何があろうとヘルプなし

たった2つの窓口の係りはもちろん2人のみ
トイレに行ったり、休憩も挟んだりで効率悪い悪い

お客さんによっては長時間待ったあげく、
窓口に行ったら売り切れ
これには美人のお姉さんはマジ切れしてました
お姉さん曰く、「受付に聞いたらまだ残ってると言った」

するとすかさず受付の係りは拡声器を持って
待っている人に説明&言い訳
「聞かれた時点では残っていたので、それを言ったまで
ネット販売もしているので今現在の状況は分かりません」

こういう時の中国人の瞬間的に怒りを爆発させる様子は
すごいと思います
声のハリも大きさも怒り慣れているかんじがします
そしていくら怒り狂っても、相手はシラーっとしたものです

機関銃の様な速さでまくし立てるお姉さんの横で
彼氏はおとなしく成り行きを見守っている姿は
よく見かける光景です

やっと次が私の番だという時
一人の青年が話しかけてきました

彼は私が4枚しか購入しないのを見て
自分の分も一緒に買い足して欲しいとのこと

一度に一人が買える競技は2競技、
一競技2日分まで、合計枚数10枚までなのですが
私が買ったのは合計4枚

私の申込み用紙を見ていたのだそうです
すごいチャッカリしています

特に反対する理由もないので、彼にも念の為に
窓口に一緒に行ってもらいました

聞くところによると彼も含めて数人が会社の代表で
買いに来ているようでした

北京オリンピックのチケットは入手困難だし
外で買ってもかなりの高額
なのでパラリンピックを社員全員が
見に行ける様に皆で買おう、ということらしいのです

なので競技は何でも良いらしく
100人以上いるので、私の分に上乗せして買った後も
本来の順番を待ってまた買うそうです

チー見ワークの良い会社ですが、買いに行く係りには
決して抜擢されたくありません

パスポートのコピーを取られ、さらに領収書に
サインと「チケットを受け取りました」と書かされ
やっと終了・・・・・

ツッコミどころ満載のシステムでしたが
何とかゲットできて良かったです

もう既に3時・・・空腹を抱え大急ぎで家路を急ぎました




【2008/08/26 18:44】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
戦闘モード
一昨日、パートナーのシャンシャンと久しぶりに再会

とは言っても、日本にいる時も北京に戻って来てからも
メールや電話ではちょくちょく連絡を取っていたのですが

ラウンジ麗の再開に向けて話し合おうという
しっかりした再会(?)は久しぶりです

北京オリンピック&パラリンピックが終わるまでは
様々な許可関係が難しいので
その日はシャンシャンが見つけてきた物件を
二人で見に行きました

またこの日々の始まりです
数ヶ月前のあの頃と同じ様にこれからまた
物件巡りのスタートです

今回見た物件は、まだ何とも言えませんが
久しぶりにシャンシャンと会って
再開後のラウンジ麗の構想や企画を
話しているともうすっかり気持ちが切り替わりました

二人で焦らずにじっくりと進めて行こうと思います


【2008/08/23 19:54】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
油断してました
もうこれで北京オリンピック観戦は終わりにしよう
と決めた矢先、仕事の都合で行けないからと
日本vsアメリカ戦の野球のチケットを譲っていただきました

さっそく地下鉄を乗り継いで3度目の野球会場へ

場内で食事はできないのでちょっと早めに行って
会場近くで一人食事を済ませいざ球場へ

どの競技もなぜか私は、周りに日本人が少ない席ばかり

でも今回は隣が一人は阪神タイガースのタオルを巻き、
もう一人はソフトバンクホークスのうちわを持った男性二人組み、
逆隣は日本人選手の写真を取りまくっている女の子3人組み

てっきり日本人かと思っていましたが
隣の男性二人が話しているのは広東語、
電話に出るときは流暢な北京語
どうしてそんなにコテコテの野球ファンの格好をして
日本の応援をしているのか謎は深まるばかり・・・・・

女の子3人組みも気がつけば中国語の会話です
日本選手ファンになったきっかけが気になるところです

色んな会場で、中国人が日本の対戦国を応援しているのが
話題になっています、実際私も目撃しました

でも野球は日本チームをわざわざ応援に来たらしき
中国人の姿をたくさん目にしました

それと、野球観戦に来る中国人は
野球を初めて観る人も多いらしく
ルールを知っている人に一から教えてもらっているのを
しばしば目撃しました

例えば、三振やフォアボール、アウトやチェンジなど
本当に全く知らないのです

そういう彼らが一番盛り上がりを見せるのが
ファールボールが飛んで来た時
記念のボールほしさに夢中でボールの行方を気にしています

グランドではもちろんゲームは進行中・・・・・

今どうして、出塁しているかも分からないので
私の前列に座っていた年配の女性は
「どうせ観ても分からないから帰ろう、
家まで1時間以上かかるし」と
ゲームの終盤、一番緊迫している場面で帰っていきました

オリンピック観戦が野球初体験とはなんとも贅沢、
というかそのチケットを日本を応援したい人に
まわしていただければなぁと思わずにはいられません

試合も完全な投手線で延長線が決まり
長い試合になりそうだと思っていた時、
隣の男性二人組みが何やら興奮気味に手を振っています

私はハッとしてスクリーンを見ると
私の席周辺が大きく映っていたのです

完全に油断していました
日の丸も何も持っていないので
絶対に映らないと思っていたのに!!

最近、いくらオリンピック好きと言っても行き過ぎだ
と友人や身内から言われたので
誰にも言わずにこっそりと行っていました

しかし、時すでに遅し・・・・・
その何十秒か後、まず北京の友人から
「なんかつまんなそーな顔してるの映ってたよー」
と電話が。。。
でも違うんです、アメリカ投手陣の前に
決定打が出ない日本チームを案じていただけなんです

その後、日本から2件、韓国から2件
本当にみんなすごい観察力です

私はテレビを観る時、攻守交替の時や
CMに入った瞬間にチャンネルをせわしく変える方なので
もうただただ驚きました

テレビの影響力の大きさを身にしみて感じながら
日本チームを応援し続けた昨夜の出来事でした








【2008/08/21 22:28】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
トラウマ
昨晩、帰宅途中でのこと

北京市内の東三環路をテクテク歩いていると
前から二人の公安が近づいて来て
いきなり呼び止められました

一瞬、北京オリンピック期間の
抜き打ち検問かと勝手に思ってしまい

「パスポート携帯していない・・・・」
「外人ってバレてイチャモンつけられて罰金とか言われたらどうしよう」と
かなり頭の中で警戒音が鳴り響きましたが

次の瞬間「迷ってしまって、○○○って場所知ってますか?」
って単なる道を尋ねにわざわざ車から降りてきたのでした

「公安」という文字を見るだけで
ラウンジ麗の頃の事がトラウマとなって
苦々しい気分になるので、昨日はちょっとドキリとしました

それにしても公安から道を聞かれたのは初めてです

もしかしたら北京オリンピックの為に
北京以外の地方から借り出されている
オノボリ公安なのかな
などと勝手な憶測をたてながら帰路を急ぎました




【2008/08/20 06:32】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
変わり行く北京
私が日本に帰っていた3週間ちょっとの間に
北京はすっかり変わっていました

日本で報道されていた様な厳しく統率されている
感じではないのですが

実際にいつもの道を歩いてみても
北京はオリンピックのために
驚くほどの変貌を遂げていました

私が日本に帰った7月16日時点で
まだ開通していなかった地下鉄の数線や
空港線も全て開通されていましたし

東直門長距離バスターミナルは
以前は、地方からの労働者の為の商店や
露店が多く出ていたのが、全て撤去され
脇には花壇が設置され
綺麗に整備されていたために

地下鉄から家に帰る時、道を間違ったかと
思いかなり焦りました

私としては、以前の様な殺伐とした
活気ある雰囲気も嫌いではなかったので

すっかり綺麗に変貌してしまった市内を
複雑な気持ちで毎日歩いております

それにしても最後の追い込みというか
帳尻合わせは、中国男子体操の着地の様に
ピタッと決まるものだな~と感心しつつも

やれるならもっと早く計画的にやれば
良いのにな~などと
おせっかいにも思っております



【2008/08/19 12:30】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリンピック三昧
最近、すっかり北京オリンピック観戦ブログになっています

昔からスポーツ観戦が大好きな私
日本にいる時は、ゴルフのPGAツアーや競輪放送まで
だいたいのスポーツは観ていました

スポーツ選手の物語や生い立ちの書物なども大好きで
かなりオタクかもしれません

しかし、あまりにマニアックなので、ほとんどの女友達には
まず理解されず、ドン引きされます

しかも外見が体育会系からほど遠いようで
スポーツなんて全く興味がない風に見られてしまうので

最近では友達をなくさないためにもあまり自分から
スポーツ話しはしないように心がけております

スポーツの最高峰であるオリンピックは
もちろん毎回寝ずにテレビで観ていました

そのオリンピックが自分の住んでいる
北京で開催されるのですからもう幸せです

例え日本で開催されたとしても
自分の住んでいる都市以外だったら
生で観るのはなかなか大変だと思います

なので、この機会は一生に一度だ!!
と言い訳してほぼ毎日競技場に通っております

世界新記録を観たい!!と水泳会場へ
日本人の金メダルを観たい!!と柔道、レスリングへ
その他色々・・・・・

特に北京で日本人が日の丸を背負ってがんばっている
姿を見ると感動してしまいます

あと20年若かったら、きっと自分も
オリンピック選手を目指しているでしょう





【2008/08/17 22:12】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
野球観戦の前に
今から念願の野球観戦、星野ジャパンvs台湾戦です
なのに、先ほどから雷雨・・・・・

家のパソコンがまたつながらなくなってしまい
出かける前に本日2度目のネットカフェへ

次生まれ変わる時は絶対に機械に強くなりたいと
思う今日この頃です

ネットカフェに寄ったのでブログも本日2度目の更新

体育会系出身の私にとって、スポーツの最高峰である
オリンピックはとってもワクワクして
北京にいることが幸せ!!と思えるのですが

会場も清潔だし、トイレもたくさんある
でも一つだけ、困ることは食べ物を持ち込めないことでしょうか

飲み物は会場内で売っているので良いのですが
食べ物は係員によってはOKの場合もあるようですが
基本的に没収され、会場内の売店ではパンやお菓子などの
軽食ばかり・・・

競技によっては4時頃から入場して
試合終了が10時頃なんてことも

久しぶりに北京特有のあま~いポップコーンや
スナック類を食べました

日本に帰っている時に、報道でしきりに
食の安全を心配していましたが
もうちょっと融通を利かせてほしいなぁと思う今日この頃です






【2008/08/14 15:46】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソフトボール観戦
昨日はソフトボールの日本vs台湾の試合を観に行きました

台湾戦ということもあり、会場の7割くらいは
台湾チームの応援だったのではないでしょうか
しかも私の席は、ボックス全体で10人日本人が
いたかどうか・・・

試合が始まる前は、その中で応援するのは
ちょっとイヤだなーなどと思っていました

が・・・試合が始まるともうそんなことはすっかり忘れ
日本チームがチャンスを迎えると
私のボックスの少数精鋭の日本人も
必死に応援しました

でもどの会場もそうですが、中国の応援はスゴイ!!
「加油!!中国隊!!(がんばれ中国チーム)」
の大合唱です

昨日などは、会場の係員が先導して
「加油!!中華台湾!!(がんばれ台湾チーム)」
をあおっていました

う~ん、いくら台湾が中国だといっても
会場の係員が指揮を取るとは・・・・・

でも結果よければ全てよし
その大合唱の応援の中、快勝してくれた日本チーム

私のストレスも解消され、日本チームに感謝感謝です



【2008/08/14 10:04】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリンピックモード
北京オリンピックが始まって以来
すっかりオリンピックモードになってしまいました

当初、バドミントンくらいしか見に行く予定も
なかったのですが、一度、ライブで見てみると
「他の競技もぜひ見てみたい!!」
という思いが一気に加速してしまいました

ラウンジ麗は、北京オリンピックが終了するまでは
身動きが取れないと思うので
せっかく北京にいる利点を生かしてどんどん観戦しよう
と一人決心しました

体育会系の出身の私は、じっくりと競技や技術などを
見たいので、大勢でワイワイ観戦するよりも
一人で静かに観戦しております

でも心の中ではかなり熱く日本人選手に
声援を送らせていただいています

ガンバレ日本!!

【2008/08/14 09:53】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
応援団帰国
私の小中学校時代の恩師や先輩が
昨日無事帰国しました

思えばもう少し、色々お世話できたのでは?
など今思えば心残りもありますが

大人数での移動は、思った以上に大変だったので
今回はこれで許してもらいましょう

北京のレストランは早い時間帯以外では
ほとんど予約ができず、人気のレストランは
確実に行列です

当日のスケジュールは試合のタイムテーブル、
勝敗次第なので、先に予約しておく意味がありません

また競技会場からの帰りのタクシーを捕まえるのが一苦労
1台ならともかく、流しのタクシー4台を別々
タクシー乗車争奪戦は北京オリンピック以来、
その激しさは増すばかりです

一台一台にレストランの住所と電話番号を書いた紙を渡して
運転手に全員が中国語をしゃべれないことを伝えて
何かあったら直接レストランに電話してくれるように頼みました

それでも北京オリンピックで交通規制などもあり
今まで停車できた場所も停車できなくなったりして
辺鄙な場所で下ろされることもありました

そんな時ほど携帯電話のありがたさを実感したことはありません

久しぶりに会った恩師や先輩、選手のご両親などは
子供時代の頃の私しか知りません

内向的で、自分の意見もはっきり言えず
家の中でお絵書きや絵本ばかり読んで過ごすのを
母が心配して私にスポーツを薦めたくらい
インドアな少女だったのです

それが北京ですっかりたくましく変わってしまった
私を見て、恩師が思わず
「それじゃ、男が寄って来んばい」
とつぶやいたのを私は聞き逃しませんでした

でも仕方ありません
恩師の言葉に嘘はないのですから




【2008/08/13 09:53】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりの再会
私の小中学校のバドミントンの監督と同クラブの先輩で
現コーチがオリンピック観戦に来ました

今回の北京オリンピックにそのクラブ出身の選手が
出場し、私もとても楽しみでした
前回のアテネオリンピックにも一人出場したのですが
距離や時間の関係から断念しましたが
今回は監督にとって念願の観戦です

私が北京に来てからは、ほとんど会う機会がなかったので
今回は海外旅行初の監督にしっかり恩返ししようと思います

監督はバドミントン一筋の方で基本技術以外にも
礼儀や挨拶にもとても厳しく
私は競技生活の第一歩を監督に指導していただいたことを
とてもラッキーだったと思います

そしてさらにラッキーだったことは
当初、入手困難だった女子ダブルスのチケットを
先輩が旅行会社に頼んで手配してくれたのです!!

監督とコーチと久しぶりの再会を喜んでいると
また懐かしい顔が

その選手の両親とお兄ちゃん
もう何年ぶりなのにすっかり昔のように盛り上がりました

お兄ちゃんも昔はよく一緒に練習していたのですが
その頃はナヨナヨした彼も今では立派な青年でした

時間が経つのは本当に早いものですね

これでみんなと一緒に応援できます

さらにそこに彼女の親戚や恩師の先生なども加わり
総勢14名で行動することに

確かに大変ですが、オリンピック選手の身内を
お世話する機会なんてめったにありません

もう完全に添乗員になる覚悟でがんばらせていただきます
【2008/08/11 11:30】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリンピック初体験
オリンピック初観戦してきました

当初、昨日行われたバドミントン女子ダブルスのチケットが
入手困難ということで、一昨日のチケットを
私の頼れるパートナーシャンシャンにゲットしてもらいました

当日の試合時間は午前9時からにも関わらず
私ときたら変にテンションがあがってしまい
7時には会場に到着していました
選手よりも早い到着ではなかったのでしょうか・・・
その時の私は間違いなくオリンピックに興奮していました

私が競技していた頃は、バドミントン試合は
シャトルが空調の影響を強く受けるということで
冷暖房をいれていないのが常で

夏は蒸し風呂の様に暑く、冬は底冷えする寒さの中
観戦しなければなりませんでした
そのため、暑さ対策バッチリに
ノースリーブ、うちわ、タオルを準備していきました

しかしふたを開けてみると
もう冷房が効きすぎてずーっと鳥肌が立ち
冷房大好きな私でも耐えれないほどでした

何でも会場の北京工業大学の体育館は
バドミントン競技のために空調を配慮した作りになっているそうです
さすがオリンピック会場です

しかし日本選手の応援後、しばらくは我慢しましたが
私のオリンピックハイテンションをもってしても
あの寒さには耐えられず、次回からは冷房対策を
しっかりして観戦しようと心に決めて会場を後にしました

【2008/08/11 11:05】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりの北京
今日、3週間ぶりに北京に戻ってきました

日本で完全にテレビっ子と化していた私は
毎日の様に報道されるオリンピック目前の
北京を画面で観ていました

北京に一度も行ったことない人が
あの報道を見たら怖いだろうなー
それとも私が麻痺して多少のことでは
平気になったのかな?
等等大変考えさせられました

北京に戻る間近ともなると
3週間前まで私がいた北京とは全く違い
超厳戒体勢になっていたらどうしよう
などと心配気味でしたが
到着してみるといつもの北京でホっとしました

今日はほとんどの会社が休みと言うことで
空港から市内も驚くほど空いていて実に快適

ただし空港の手荷物検査は厳重でした
私は今回、ラウンジ麗で使用する物を大量に持って来たため
20キロの荷物制限のところを37キロ!!

「安くして下さい~全部必要な物ばかりなんですぅ
そこが日本でもこの際、関係ありません
こんな時こそ中国での成果を発揮しなくては

30キロまでは大目に見てくれたのですが
それ以上は追加料金が必要とのこと

それでも7キロオーバー、聞けば1万6千円也!!
結局、係りの人の提案で5キロまで手荷物で機内に持ち込むことに

重くて液体ではない物をチョイスしたのですが
青島での数回にわたる手荷物チェックは参りました

ゴマ1キロ、ウコン、プリン、ゴフルシューズetc・・・
検査官のツッコミどころ満載の手荷物となってしまい
ことごとく説明しなければなりませんでした

でもそれもこれも全世界が注目するオリンピックの為、仕方ありません


【2008/08/08 20:00】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
すっかりさぼってました
先週、実家福岡から再び岐阜へ戻ってきました

福岡では、中高校時代の友人や従姉妹に久々に会ったりしました
また弟とは、博多モツ鍋で一杯飲みながら、今後の展開や
両親への対策を話し合ったりなかなか有意義だったと思います

でも両親に合わせたスーパー早起きで
深夜番組を堪能する完全な睡眠不足な生活だった為に
岐阜に帰って来てからは自分でも驚くほどよく寝てます

気がつけば一週間以上、ブログも更新していませんでした・・・・・

本当ならば明日6日に北京に戻るはずだったのですが
今回北京に戻ってラウンジ麗の準備が始まったら
いつ戻って来れるか分りません

9日に小中学校時代のバドミントンの恩師が北京に到着するので
ギリギリの8日まで延長することにしました

残りわずかな日本を堪能しようと思います



【2008/08/05 08:45】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。