スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ドキドキワクワク
ラウンジ麗の開店が明日に迫ってきました

「北京でお店を持ちたい!!」と気合いだけはあったものの
北京でスナックを開く方法が全く分からなかったので
無鉄砲な私は、門前払い覚悟の飛び込みで
北京某店のオーナーに尋ねに行きました
その時の話をするとみんなに呆れられますが・・・

「北京でスナック開業」が生活の全てになったのが1月

北京の老舗スナックの大ママの粋なはからいで
修行開始したのが2月

ホテルを退職し、シャンシャンに出会ったのが3月

元々の予定地でお店を開くことを断念したのが4月

二人で部屋を探し始めるもうまくいかず
長期戦を覚悟した5月

そしてつい先日、急に今回の話が持ち上がり
麗をやれることになりました

せっかくのチャンスなので、自分達のできるのことを
精一杯やろうと思います

さあ、準備ラストスパートです

いよいよ明日、未知の6月が始まります



スポンサーサイト
【2008/05/31 10:00】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
スタッフ紹介
只今準備中です 
少々お待ち下さいませ
【2008/05/31 01:51】 | 女の子の紹介 | トラックバック(0) | コメント(1)
気がつけば明後日
ラウンジ麗の話が急に決まり
時間がないのでここ数日は
シャンシャンとは別行動。

毎朝、どちらかが起床後
スカイプで「おはよう」と起きているか
探りを入れます

そして簡単に話して行動開始

彼女は、メニュー表諸々を作りに、
私は頼んでおいた名刺を取りに
行きました

北京で就職した時も名刺はあったので
今回が初めてではないのですが
やはり自分のお店の名刺となれば
作る時も気合いが入ります

家に帰って、携帯を持って行かなかったことに
初めて気づき、見ればシャンシャンから
立て続けに数件の着信が

彼女曰く、「確認してほしいものがあるので
ファイルを送信したから見てほしい」
とのこと
二人で意見試合再び別行動

「名刺ができてうれしい~」
「今はパソコンがあるから便利な時代になったものだ」

なんて言ってる場合ではありません
気がつけば明後日開店!!

さらに気を引き締めて準備します









【2008/05/30 14:04】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
時々望郷の念
最近は終日、ラウンジ麗の準備にかかっていますが、
昨日、ふと私が北京に来て以来会っていない
友人や留学時代の友人などにメールで
開店の知らせや近況報告をしました

友人達の「北京のホテルで働いてるんじゃなかったの?」
や「ちょっと北京に永住するつもり?」など驚きの質問文の
後に、各々の近況報告をしてくれていました

ある友人は「2人目が生まれたよ」
またある後輩は「彼氏できましたぁー」
中には「妊娠のつわりがひどくって」
などみんなあの頃とは随分と変わっているようでした

そんな時、ちょっと日本に帰りたくなったりしますが、
すぐに自分に「今から始まるのに何言ってるの」
と、センチになりかけた自分に激を飛ばし、苦手なPCに
また悪戦苦闘するのでした


【2008/05/30 04:58】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホッとしました
スナックの開店準備でこのところ
毎日買出しに言っています

色んな方から北京では手に入らないものが
多い、と聞いてはいたのですが
今、まさにそれを実感しています

一番困ったのは、丸い氷の型
美味しいお酒が溶けない様に
ぜひ丸氷を作りたい!!

でも、自分でアイスピックで作ったことが
なく、お客様に出せるようなモノは今からでは
間に合わない・・・・・
そうこうしてるうちに、日にちはどんどん迫って来ます

そんな矢先、バイト先のバーENTEROの店長さんが
ビザの関係で日本へ一時帰国

今日、無印の丸氷の型を持って無事に帰ってきてくれました
聞けば今は、もう在庫分しかなく、今後の出荷は
ないとのこと

かなり探してくれたようで、
若いのにナイスガイな松田店長さんに
感謝感謝です

さっそくこれから試してみます





【2008/05/29 01:23】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
店舗情報&アクセス
地図50


朝陽区建国路88号現代城A座10階1009室

A座1階入口で「1009」と押して下さい 

地下鉄1号線「大望路」B出口よりすぐです

ご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせ下さい

136-5115-2027(堀 裕子)

【2008/05/28 21:11】 | 店舗情報&アクセス | トラックバック(0) | コメント(0)
無駄ではなかったホテル修行
今日、偶然にも某ホテル時代の二人の
お客様から連絡をいただきました

お一人は、北京に取材でいらしていた
ジャーナリストの方
ホテルの案内を私がさせていただいた時に
色々興味深いお話させを聞かせてもらったので
しっかり記憶に残っていました

もう一方は、細かく言うと、ホテルをご利用いただいた
お客様のお友達、とのことでした
「もう開業しましたか」と携帯にメールを
いただいたのですが、番号に見覚えなし・・・・

ど、どううしよう?知ってる人だと名前聞くの失礼だし・・・。

とりあえず「ニーハオ6月1日からです、最近どうですか?」
と様子を見ることに・・・・・
するとその方から「私は○○○さんの友人で、
北京で日本人の女性がお店をオープンするって
聞いたもので連絡しました」

しまった・・・・・面識のない方だった

でもその○○○さんのお名前が非常に珍しいお名前だった
ので、チェックアウトをさせていただいただけなのですが
しっかり記憶に残っていたのです

白状しますと、麗をオープンしたい、
と決めてからの私ときたら、ホテルの同僚が
日本語が分からないのを良いことに
ホテルが奨励するセールスは一切無視して
麗の宣伝活動をしておりました・・・・・

その名刺がこの2件の連絡につながったと思うと
あの鍛えられたホテル時代も決して
無駄ではなかったと感慨深いです
ホテルにとっては、とんでもないスタッフですが

あと、5日しかありません
時間は待ってくれないので、しっかり準備しようと
思います・・・・間に合う・・・かな?

【2008/05/28 00:47】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
お店の雰囲気
お店の雰囲気は、赤を基調とした
ボックス中心のお部屋です

今回は将来の理想の店作りの試運転ということで、
夜は、お店をさせていただき、昼間は、引き続き
自分達のお店の場所探しに精を出すということにいたしました。

よって内装に関しては期間限定ということもあり、
自分達の思い通りにはならない部分がありました

ただ私とシャンシャンの信念である
行き届いたサービス、お客様に心から
寛いでいただける空間を目指しております

行き届かない所も多々あるかとは思いますが
一生懸命努力して、少しでも将来の店において
皆様から謗りを受けないような、良いお店になるよう
努力したいと思っていますよろしくお願い致します



【2008/05/28 00:45】 | お店の雰囲気 | トラックバック(0) | コメント(0)
キャンペーン情報
開店1ヶ月の キャンペーン情報


6月はボトルをキープしていただいたお客様に
ささやかながら特典を用意させていただきます

また5名様以上でご来店していただいたお客様にも!!


これを機会にぜひ一度足をお運びいただければ
幸いです

【2008/05/28 00:33】 | キャンペーン | トラックバック(0) | コメント(0)
麗のシステム
麗のシステムを紹介させていただきます
よろしくお願い致します

チャージ  150元

ボトル    300元~
ビール    30元

セットメニューあります

団体様ご相談承ります


お気軽にお問い合わせ下さい
136-5115-2027(堀 裕子)
【2008/05/28 00:20】 | システム説明 | トラックバック(0) | コメント(0)
北京初通院
先週、北京に来て初めてお医者さん(歯医者)にかかりました

麗がやっとオープンできるメドがたった
矢先に奥歯に激痛が・・・

お医者様曰く、「身体が疲れてると免疫力低下するから
親知らずにバイキンが入ってるよ、休まなきゃダメ」
と、流暢な日本語で説明していただきました

この病院はシャンシャンから紹介してもらい、
先生が日本語も話せるということでとても安心です

先生は私を緊張させまいと、ジョークを交えながら
恐怖感を反らそうとしてくれるのですが、
正直、全く笑えません・・・・・

そして今日、抜歯してきました、しかも2本も!!

私の世の中で嫌いなものNo2に入る歯医者、
ましてや歯を抜くなんて考えただけでゾっとします
ちなみにNo1はネズミなのですが・・・

結果的には、心配する私をよそに
先生はあっという間に2本の歯を抜きおえ
「大丈夫って言ったでしょ」
とニヤリ


左顔半分に麻酔が存分に残り
腫れがひかぬ顔で
心から「知っている人に会いませんように」と
祈りながら、東郊市場に買出しに出かけたのでした














【2008/05/26 18:19】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
よろしくお願い致します
昨日、深夜正式に先方と契約を交わしました

6月1日より、「Lounge 麗 Rei」を
始めさせていただくことになりました

そのお店は、7ヶ月という期限付きなのですが
夜はお店を一生懸命やらせていただき、
昼間は自分達のお店の場所探しを
引き続き行っていきたいと思います。

不慣れな分、お客様にはご迷惑もおかけする
ことがあるかもしれませんがお許し下さい
お手数ではありますが、その都度ご意見を
いただけたらうれしいです

その貴重なご意見を元に、
少しでも良いお店になるよう
努力していきたいと思います   


                        
                           平成20年5月吉日
                           Lounge 麗 Rei  堀 裕子 ・ シャンシャン









【2008/05/24 09:06】 | 最新情報 | トラックバック(0) | コメント(0)
はがゆい気持ちを抑えてます
「中国では、予定通りにことが進まないのが当然だ」

と、よく耳にしますが今そんな状況です

結局、伸びに伸びて契約は本日に・・・・本当かな?
ここ数日、毎日同じ事を聞いているような・・・・

でもおそらく6月オープンは問題ないと思います
もし今日、双方がサインした時点ですぐに
また報告させていただきます

よろしくお願いします

【2008/05/23 11:39】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
多分OK??
おそらく、多分、否、かなりの確率で問題ない・・・と思います

今日午後、サインする運びです

何が起こるかは蓋を開けてみないと分からない中国

なのでまた正式に決まりましたら
報告させていただきます
【2008/05/20 07:34】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
今度こそ!?
6月からお店をやれそうな気配です
ここ2、3日で急に話がまとまった感じです

今日、先方と最終的な話をして、決定すると思います
た・だ・し、最終合意するまではハッキリ断言できません

もしかしたらまたいつもの様に、振り出しの可能性もあります
その時は、3日ほど落ち込んで、また自分を奮い発たせます


その時は、慰めてください・・・・・・
【2008/05/18 12:18】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょっとうらやましいです
最近サボリがちですが、昨日は
バーENTEROへ出勤の日

昨日は、あいにく午後からは雲行きが怪しくなり
夕方になると、雨雷、雨・・・・・

このお天気じゃお客さんは少ないだろうなー
と思いつつの出勤です

案の定、静かな時間が流れていきました

そろそろ良い時間だなーって時に、
お店の常連さんが3人の方と一緒に来て下さいました

4人の青年は美味しそうにウィスキーを
飲んでいました

彼らが話す四国の方言は、私に徳島の友人を思い出させ
体育会系の彼らの序列は、私の学生時代を彷彿させました

こういう光景を見るたびに、男同士って良いなぁーって
ちょっとうらやましく思います

女同士でも飲みに行ったり、語り合ったりするのですが
何か違う気がします
すごい団結力というか、そこには女子供は入れない
聖域という感じがします

女だって負けてはいられません
日本&中国の女二人がんばります









【2008/05/15 16:41】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
ありがたいです
地震のその時、私はのんきにも昼寝をしていて
全く知らなかったんです

しばらくして、両親から連絡がありました
前日の母の日に両親と話したばかりだったので
てっきり実家で何かあったかと思い、

「どうしたの?何かあったの?」って尋ねる私に
両親は半ば呆れ気味に
「何かあったってあんた、地震は大丈夫なの?」
・・・・・「えー!?」

その後、約束があったので出かけましたが
色んな噂が出始めていて地震の経験がない
友人などは、かなり怖がっていました

地震を初めて体験したパートナーの彼女からも
連絡があり、20階に住んでいる彼女は、
かなりの揺れにも、飲んだばかりの漢方薬の
影響だと思い、そのまま安静にしていたそうです

「夜半過ぎに北京にも大地震が来る」
という噂は、信じていなかったものの
言われると気になってしまいます

パスポートや貴重品が家にあるなぁ・・・
結局、予定より少々早めに帰宅して
翌朝帰国する韓国人の友人とは、うちで話すことに

テレビの映像では、かなり深刻な被害のようです
両親や友人には大変心配していただきました

当初、普段はめったに鳴らない家の固定電話が鳴り
その場合、ほとんどセールスなので
「ウェーイ、ニーハオ」とぶっきらぼうに出ると
短い沈黙の後、意を決したような
「知美いますか?」という女性の声。

相手の予想外の日本語に戸惑い、
ハっとし、「知美さんのご家族でいらっしゃいますか?」
と尋ねると「そうです」とのこと
ルームメイトのお母さんが
心配で日本からかけてきたのでした

私がこっちに来て以来、中国や北京という文字に
敏感に反応してくれ、親身になってくれる
身内や友人は本当にありがたいです








【2008/05/14 11:38】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
北京にハマった面々
ここ1ヶ月の間に色んな身内、友人が
遊びに来てくれました

弟をかわきりに、GWには以前の留学時代の仲間、
そして昨日からは、学校は違ったけれど
ずっと親しくしている韓国人の可愛い女の子

ルームメイトもその彼女とは、共通の友人です
その子は、日本にも留学した経験があり、
日本語はとっても流暢
そうなればおしゃべりはノンストップです

留学時代に知り合った友人達は
帰国後、一度ならず休暇等を利用して
会いに来てくれます
大変うれしく、ありがたいことです

GWに来た友人は、留学時代、
授業が終わるとしょっちゅう一人で
骨董市場に通い、超文科系だった彼も、
一年ぶりに会ったら立派な商社マンになっていました

ビール一杯で顔が真っ赤になっていた彼は、
今ではかなりの酒豪に成長していました

今回の韓国人の彼女も帰国後、
北京に来るのはすでに4回目です
両親よりも頻繁に会っている計算になります

彼らを見ていると、どうやら中国には
覚醒作用があるようです

こっちにいる時は、日本に比べて何かと不便だし
そんなに中国ビイキでなかった人も
なぜか、貴重な有給などを利用して来てくれるのです

と、分析してみましたが、彼らから言わせれば
一番驚かれるのは、他の誰でもない・・・・・私

当初、半年もたないかも・・・この人やっていけるの?・・・・
って心配されていた私ですが、すでに3年目
北京に来た当初を知っている人なら絶対に信じられないでしょう

結局、一番ハマってしまったのは、私自信なのかもしれません



【2008/05/11 19:41】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
出会いあれば別れあり
久しぶりに元同僚に会いました

彼女は以前私がホテルで働いていた時の
フロアーマネージャーです

カザフスタン人の彼女は、英語はもちろん
中国語もとても流暢で、しっかり者
今は別のホテルで働いています

入社当初、仕事にも同僚にも馴染めず
生まれて始めて「疎外感」を感じ、一番苦しかった時、
初めに声をかけてくれたのが彼女だったんです

ある日、誰もいないフロントオフィスで突然、
「Hirokoが入社するまで、私はずっと一人だった、
もし良かったら友達にならない?
私は日本食が大好きなの」

それまで挨拶以外は会話したこともなかったので
正直驚きました
それ以来、退職してもずっと連絡を取っています

久しぶりに会った彼女の表情は明るく、
「結婚して、その後オーストラリアに留学する、
Hirokoもお店がんばって」
と突然の告白

彼女にとってこんなに喜ばしいことはないのですが、
同時にまた友人が北京から去って行くんだなー
ってちょっぴり寂しくなりました

私はもうしばらくこの地に踏みとどまって
いつか彼女が、子供を連れて遊びに来るのを
待ちたいと思います

【2008/05/09 21:18】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
異国の地で同郷者と
初のルームメイトができました

と言っても北京に来てすぐに知り合って
以来2年以上、仲良くしてる友人です

運悪く今回、悪い大家さんに当たってしまい、
すったもんだの末、うちに引っ越して来る
ことになったのです

彼女とは、同じ福岡県出身で、同世代、
ということもあり、気兼ねなく付き合える友人です

彼女も中国茶を学び、その資格を生かして
こっちで何かやりたい!!って試行錯誤して
いるのです

そう、私達は「同じ穴のむじな」なのです

お酒を一滴も飲めない彼女と、中国茶のイロハも
分からない私とでは、分野は異なるとはいえ

自分の好きな事をやりたい!!
いつか成功するんだぁ!!
がんばるぞ!!

と、私はビール片手に彼女はジャスミン茶
夜は延々と更けていくのでした






【2008/05/08 11:37】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
ゲットならず2
久しぶりのメールを受け取ったのは約一ヶ月前
小中学校時代のバドミントンチームのコーチからでした

そのクラブは、ジュニア界ではなかなか有名で
前回のアテネオリンピックも卒業生が出場して
今回も、さらに一人出場することが決まったので、
ぜひ応援に行きたい、とのこと

でもツアーは、かなりの金額になるので
私のアパートに泊まって、チケットをこっちで
何とかならないかということでした

このクラブの創立者の先生は、
バドミントン一筋の熱血指導者で、
技術指導はもちろん、礼儀や
精神指導もとても厳しい方です

先生は、このクラブの為に、他の全てのことを
犠牲にしてきたと言っても過言ではありません

私はこのクラブの第一期生です
当時私は9歳、先生は27歳の青年でした
メールをくれたコーチも一期生で、私の先輩です

何をするにもコツを飲み込むまでに時間がかかる
私は、みんながメキメキ上手くなっていっている中、
私一人サーブをすれば空振り、後ろからクリアーを
打つも相手のネットをやっと越えるだけ

先生は辛抱強く指導してくれました
私ならキレてるでしょう(笑)

体育館に入る時は「お願いします」と
きちんと挨拶し、道具を大事にすることや、
上下関係を大切にするなど、大人になった今も
大切なことをたくさん教えていただいた方です

その後、お会いする機会は年に一度くらい
すっかりご無沙汰している私でしたが、
今回は恩返しするチャンス!!

・・・・が、結果は無念

何とか先生とコーチに恩返しする為にも
私はどんな手を使ってもチケットをゲットします




【2008/05/05 17:20】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゲットならず
今日からオリンピックチケットの最終発売です
中国銀行の窓口かネットで購入が可能です

今朝わりと早起きし、まず東直門の中国銀行へ
ここでは販売していないということが判明し
行員さんから教えられた支店へ向かいました

到着すると、思ったよりも人は少なめ
さっそく係りの人に聞くと・・・・
「番号を取って並んで下さい。
でも今日の購入はむりでしょう」・・・・ガーン

警備の人に聞くと、自分がここに着いた7時には
すでに外は人だかり、だったそうです

綺麗な係りの行員さんから、ネット購入を強く薦められ
ションボリ気味でその場を後にしました

自宅に着き、死苦八苦しながら、何とか登録完了
が・・・結局私のほしい競技はすでに完売状態でした

甘かった・・・
どうにかしなければ
【2008/05/05 16:37】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
異文化交流
散歩がてら覗いてみたスーパーで最近無性に
食べたかった昆布、納豆、つぼ漬を発見しました

そこは外国人が多く利用するスーパーなのですが
価格は他の高級スーパーに比べてとっても良心的

さっそく大喜びで、冷蔵ケースに入っていた商品を
取ろうとしましたが、ケースの開け方がわかりません
私が戸惑っていると、一人の女性が開けてくれたんです

その方は「たくあん」を手に取っていたので、てっきり
日本人と思い「どうもありがとうございます」と会釈しました
すると「不客気(どういたしまして)」
あ、中国人だったんだって思いました

しばらく経ってから、その方が「中国語話せますか?」って
話しかけてきました。

その方曰く、「巻き寿司を自分で作りたいのですが、
このたくあんは質が悪いので、他にたくあんを売っている
お店を知りませんか?」とのこと

私は心当たりを数件言いましたが、ふっとある疑問が・・・

「どうしてこのたくあんではダメなんですか?」
すると彼女、「見て下さい、たくあんの周りがこんなに汚れてるでしょ」
見てみるとそれは「かつお節」でした

彼女の手にしていたのは「梅かつお風味のたくあん」だったので
たくあんの周りにかつお節がたくさんかかっていました

でも彼女はかつお節の存在を知りません。
私もかつお節という中国語を知らなかったので、説明に
時間がかかりましたが、彼女も納得してくれたようでした

彼女から丁寧にお礼を言われ、満足そうに
梅かつお風味のたくあんをレジに持っていく彼女を
目で追いながらつくづく思いました

よく外国人は日本の文化に興味を持っていて、色々質問しますが
実際、日本人の私は知ったかぶりで答えていることも多々あります

今回でもそうです
私は巻き寿司を一度も作ったことがありません

近いうちに、巻き寿司に挑戦しよう











【2008/05/03 00:54】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
納得できません
友人が怒り心頭で電話してきました

引っ越して間もないのに、また引っ越すというのです

私達外国人は、部屋を借りて24時間以内に
大家さんと一緒に公安局に登録をしなければ
いけないのですが、それをその大家さんは
かたくなに拒否するらしいのです

その後も、税金を払いたくないだとか、
外人に貸すと問題が起こった時に面倒だから、
契約成立後にも関わらず出て行ってほしい、
と言い出したらしいのです

色々揉めて話し合いの結果、彼女は
「こんな大家の家に住みたくない」と引越しを決意

でも、彼女はあと2ヶ月少々で帰国予定
短期で部屋を貸してくれるところは少ないはず

ならばうちに空いてる部屋が一つあるので
越して来れば?ってことになり、
本来なら昨日引っ越して来るはずでした

当日、彼女から連絡が・・・・
大家曰く、「急用ができて今日はいけない」
って、午前11時に引越し業者が来るのに15分前の
10時45分に電話してきたらしいのです

何のことはありません
前金、家賃、違約金などを返したくないのでしょう・・・

結局、彼女は公安に行き、事情を説明して
公安が彼女に連絡を取って6日に決着は
持ち込まれました

それにしても、道理にかなってない話です

私もこっちに来てすぐの頃、一番やっかいに感じたのは
自分で部屋を借りないといけないことでした

大家さんの善し悪しは、その後の生活に大きく
影響するので、一種のギャンブルだと思います

そういう経験を経て、私や彼女もまた一つ
たくましくなっていくのでしょうトホホ











【2008/05/02 10:21】 | hirokoママの日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
LOUNGE 麗Rei


北京でスナック開業を目指し日々奮闘中  ある日突然開業を決意、、水商売に飛び込んだ普通の日本人女性の気まぐれDiary 

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
裕子(Hiroko) 
2年半前にOL生活に別れを告げ語学留学で北京デビュー。
当初の半年の予定が一年になり、留学生活3学期目に某米国系ホテルに
修行のつもりで就職。ほぼ一年たった頃、以前からの夢であったラウンジ開業を思い立つ。昼間はホテル、夜は老舗の大ママの店での修行から、退職後は本格的な準備を始めようと日々奮闘中

メニュー

お問い合わせ

ご予約等のお問い合わせはこちらから御願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。